無料ブログはココログ

« ゼビウス1面も・・・ | トップページ | やっぱ守り切れん・・・モスクワ攻防戦 »

2019年2月 4日 (月)

歴史群像の付録・モスクワ

入手してずいぶん日が経ってしまいましたが、ようやく開封。
ルールを読んで、独軍は損害ポイントを極小化すべく、高比率攻撃&包囲で補給切れ狙いで赤軍を潰滅させつつ進撃。赤軍は第一戦闘を食らわないよう、包囲されないよう、遅滞戦術にて後退を意識。
1回目。第5ターンでツーラ陥落。凍結ターンで赤軍は独軍を攻撃不能に追い込むも、押し返すには至らず、独軍もモスクワ直前で進撃停止。勝利条件の7都市は全て独軍が占領で独軍勝利。

終了時。
Dsc_0129

2回目。序盤で赤軍は潰滅覚悟でもっと攻撃して、独軍の損害ポイントを稼ぐことを意識してやってみることにしたものの、結局1回目と同じような展開。
第5ターンで独軍モスクワ突入するも降伏判定で6、戦闘を継続。凍結ターンで赤軍がモスクワ奪回。ツーラ、カリーニンから独軍を追い出したところで終了。 あ、凍結ターンの赤軍右1シフトを忘れてた。ありゃ。

終了時。
Dsc_0130

うーん、序盤で赤軍が1対1攻撃しようにも、第1ターン特別ルールで移動できん攻撃できんでは・・・ありゃ?移動はできないけど、攻撃できないとは書いてないやん!

もう1回やることにしますか。

しかし全滅ユニットの復帰というやつは、赤軍についてはわからなくもないけど、イマイチしっくり来ない。

« ゼビウス1面も・・・ | トップページ | やっぱ守り切れん・・・モスクワ攻防戦 »

シミュレーション・ボードゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゼビウス1面も・・・ | トップページ | やっぱ守り切れん・・・モスクワ攻防戦 »