無料ブログはココログ

« ヴェリエール=ランジェヴル | トップページ | スモレンスク »

2019年1月 7日 (月)

バンドオブブラザーズを思い出しながら。

年末から年始にかけて、「装甲擲弾兵」(エポック)のシナリオ「地獄のハイウェイ フェーヘル」をソロプレイ。
マーケットガーデン作戦、アイントホーフェン~ナイメヘン間、米軍第101空挺師団の担当地区の戦い。ドラマ「バンドオブブラザーズ」のエピソードも思い出しながら。
1回目。Ⅴ号戦車3ユニット+Ⅳ号戦車1ユニットのアウトレンジ攻撃で英軍M4戦車、町に籠る空挺ユニットを撃破し、余裕で独軍勝利。運よく弾薬不足を免れたからとはいえ、独軍戦車が最強過ぎて連合軍勝てんやろ、と思いきや、非装甲ユニットにも対装甲火力を適用していたことに気づく。
2回目。 アウトレンジ攻撃を食らわないようM4戦車スタックを林の裏に隠し、ストップ射撃でⅤ号戦車を足止め。撃ち合いの末撃破されるも、その間に援軍がフェーヘルに集結。イニシアチブが終始連合軍にあったことも幸いし連合軍の守り勝ち。火力は強いが防御力の殆どない砲兵や対戦車砲をどこに配置するかは結構大事だなと実感。
マップは1枚だし、歩兵も砲兵も戦車も登場するしで、 ユニット数少ないなかで手軽で楽しめるシナリオでした。
そういやバンドオブブラザーズでは、苦戦のなか、独軍戦車の出現に登場人物(米軍第101空挺の一員)が 「タイガーだ!」と呟くシーンがあったと記憶しているのですが、Ⅵ号戦車のユニットは登場せず・・・場面が違うのかな?

2回目。終了時。
Dsc_0123


« ヴェリエール=ランジェヴル | トップページ | スモレンスク »

シミュレーション・ボードゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴェリエール=ランジェヴル | トップページ | スモレンスク »