無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月24日 (木)

続スモレンスク

あれから何回かやっていて。改めて勝利条件見直してみて、スモレンスク2へクス占領で3点、イェルニヤ1へクス3点。なら、スモレンスクは最低戦力で保持して、初期配置の10PZはいきなりイェルニヤ目指してもいいのでは、と思いやってみました。南方でソ連軍がちょろちょろ出現して気になるものの、援軍も思い切ってイェルニヤへ装甲ユニットを集中。
スモレンスク付近では独軍がソ軍の白帯ユニットを東方から分断。終盤でイェルニヤを取ったり取られたりの末、最終ターンにサイコロ勝負で独軍がなんとかイェルニヤを保持。

最終ターン終了時。
Dsc_0126

勝利得点、終わって数えてみたら独軍6ー7ソ軍。独軍は装甲4ユニットを失っていたのと、ソ軍のポイントになる都市の占領にユニットを割けず取りこぼしたのが響きました。

とても面白い、楽しいゲームでした。ソロでなく対戦でやったらとても楽しいだろうな。

独軍は縦横に走り回って攻め切らないとなかなか勝てないし、ソ軍は攻める独軍に振り回されてあたふたはするもののポイント押さえて守り切れば勝てるようになっているし、独軍の攻め方も一様ではないし。

包囲して攻撃すれば1対1でも約半分の確率で潰滅させられるというのも強烈です。

またやってみようと思います。

2019年1月20日 (日)

稽古は数だよ

兄貴!・・・じゃなくて
学生時代はこう思っていて、毎日稽古してました。それこそ弓引かないのは1年365日のうち数日もないくらいに。
当時は1日引かないと戻すのに3日かかると思いこんでいて、怖くて稽古を止めてみるということもできなかったのですが、 歳をとると知恵もつき、うまくいかないときはムキにならずに日を空けるとか、矢数を減らして悪い感覚を忘れるといったメリハリもつけられるように。

最近は学校の部活でも週に1日は休むみたいですが、生徒と教師の負荷の軽減だけでなく、実際練習の効率としてもその方がいいんだろうな、と思ったりもします。

そんなわけで、いい感じになったら矢数かければいいやと思いつつやってるんですが、肝心のいい感じにならないままはや10年近く・・・一体いつになったらマジメに稽古するのやら。

ちなみに今年は新年射会を急用でキャンセルしたまままだ弓引いておりません。こうなったら肘休めだと思って春まで休むか~

2019年1月17日 (木)

スモレンスク

冬は暖房のない書斎のデスクでは寒すぎてゲームどころではないので、コタツでやるわけなんですが、コタツ机は小さくてフルマップはムリ。A2マップならということで、ドイツ装甲軍団の「スモレンスク攻防戦」。

1回目。あっという間にスモレンスク付近の赤軍を撃滅。一方的だなと思いきや、独軍の援軍投入が1ターンずつ早かったことに気づく。

2回目。
Dsc_0124

第4ターン終了時。スモレンスク付近のの赤軍がほぼ駆逐され、独軍勝利がほぼ見えた感じ。0時過ぎたので寝ることにして終了。

3回目
Dsc_0125

最終第8ターン終了時。適当にやってたら、前回と同じ展開。独軍が東方へなだれ込み。南方でも最終ターンにイェルニャ陥落。勝利得点6ー2で独軍勝利。
てか、赤軍はスモレンスク付近ではガチンコ勝負せず遅滞戦術に徹し、一方で南西方面に援軍を展開して戦線を拡大し独軍を分散させなきゃイカンのですね。
あ、勝利得点に潰滅した独軍装甲ユニット数加えるの忘れた。これ加えたらトントンだったかも。

もう1回やるか・・・

2019年1月 7日 (月)

バンドオブブラザーズを思い出しながら。

年末から年始にかけて、「装甲擲弾兵」(エポック)のシナリオ「地獄のハイウェイ フェーヘル」をソロプレイ。
マーケットガーデン作戦、アイントホーフェン~ナイメヘン間、米軍第101空挺師団の担当地区の戦い。ドラマ「バンドオブブラザーズ」のエピソードも思い出しながら。
1回目。Ⅴ号戦車3ユニット+Ⅳ号戦車1ユニットのアウトレンジ攻撃で英軍M4戦車、町に籠る空挺ユニットを撃破し、余裕で独軍勝利。運よく弾薬不足を免れたからとはいえ、独軍戦車が最強過ぎて連合軍勝てんやろ、と思いきや、非装甲ユニットにも対装甲火力を適用していたことに気づく。
2回目。 アウトレンジ攻撃を食らわないようM4戦車スタックを林の裏に隠し、ストップ射撃でⅤ号戦車を足止め。撃ち合いの末撃破されるも、その間に援軍がフェーヘルに集結。イニシアチブが終始連合軍にあったことも幸いし連合軍の守り勝ち。火力は強いが防御力の殆どない砲兵や対戦車砲をどこに配置するかは結構大事だなと実感。
マップは1枚だし、歩兵も砲兵も戦車も登場するしで、 ユニット数少ないなかで手軽で楽しめるシナリオでした。
そういやバンドオブブラザーズでは、苦戦のなか、独軍戦車の出現に登場人物(米軍第101空挺の一員)が 「タイガーだ!」と呟くシーンがあったと記憶しているのですが、Ⅵ号戦車のユニットは登場せず・・・場面が違うのかな?

2回目。終了時。
Dsc_0123


« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »