無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

ハンドブック2016・バルジ

「バルジの戦い」(ウォーゲームハンドブック2016)をソロプレイ。エポック版のバルジ大作戦がやりたかったのですが、JWCの復刻版が品切れで諦め、たまたまハンドブックのバルジを見つけ入手。エポック版よりコンパクトで時間のないワタクシにはこっちで良かったのかも。

さて、ルールブックを読み込むも、特殊なユニットや第1ターンの特別ルールなど、例外がありすぎて頭に入らんなあと思いつつ、プレイ開始。
史実の通り初めは独軍イケイケ、そのうち足が鈍るはずが、そのまま第4ターンで独軍が西端突破、サドンデス勝利・・・あれれ?
第1ターンの特別ルール、移動前戦闘の独軍の戦力補正を移動後戦闘にも適用してしまってたり、道路移動が出来ないルールを忘れてたり。道理で強すぎるわけだ。

改めてプレイ。第4ターンで独軍が北端突破しようとするも、米軍が援軍その他を動員し全力で阻止。今度は薄くなった中央の戦線突破を図る・・・う~ん、バルジっぽくなって来ました。
押しつ押されつしていた中央の戦線から独軍装甲師団が突破し、機械化移動で一気に盤の西端へ。ここで第6ターンからの独軍補給切れルールを忘れていたことに気づく。さらに第7ターン、独軍の補給線が成立していないことに気づく・・・連合軍は周囲3ヘクスの範囲の橋を妨害でき、その場合補給線が通らなくなることをすっかり忘れてました。これで独軍の足が止まりました。盛大に戦力を潰し合って独軍突破は成らず。ですが、確保した都市等のVPを合計したところ、独軍の勝利条件ちょうどの12ポイント ・・・独軍勝利。しかし壊滅ユニットの山を作ってしまいました。

第6ターン以降の補給切れとか、例外ルールも史実を反映する上での大事な要素、プレイしてみてわかるというかうまく出来ているなあと思いました。使い道がイマイチピンと来なかった降下猟兵ユニットも米軍援軍の足止めに効果を発揮しました。それにしても機械化移動は無敵・・・。米英軍はどのユニットにも適用できるのでとくに。

第4ターン終了時:

Dsc_0013_4


全ターン終了時:壊滅ユニットの数がハンパないです。
12VPでギリギリ独軍勝利<

Fotor_152507760886292


2018年4月28日 (土)

紳士なゴルファー

ゴルフのラウンドして来ました。1年ほど前、再開デビューで180という悲惨なスコアを叩き出したコースにて。あれから精進を重ね、満を持して臨みました。
結果は。ドライバーを除きショットが安定して、今までで一番イイ感じ。が、スコアの方は自己ベストと同値の136。大幅更新出来てもおかしくない感じだったのに・・・残念。
と、1年前も、そして今回も一緒に回って頂いた年配のお仲間の方に申し上げたところ。
「ゴルフはスコアだけじゃないですから。今日の内容はとても良かったですよ!」とのお言葉、速攻でワタクシ「ありがとうございましたっ!」(涙)。
「内容はよかった」・・・。ワタクシのような者が発するとシラジラしくなりそうな褒め言葉ですが、その方の人徳なのでしょうか、思わずグッと来ました。
思い返せば1年前、180叩いているようなワタクシにイヤな顔ひとつせず、おっしゃることと言えば「落ち着いてやってくださいよ」。一方で進行を遅らせないよう諸々配慮もして頂いておりました。過去にこういう紳士な方と出会っていれば、ゴルフをイヤになってやめてしまうこともなかったかもしれません。
ワタクシにもこういう振る舞いが出来るでしょうか? ゴルフに限らず、少しは心掛けたいと思います。

2018年4月21日 (土)

決してアニ○タではないんですが

戦車→ラジコン→シミュレーションゲーム(ボードゲーム)と来て、偶然にもココへ↓

http://www.kokusaig.co.jp/panzer-vor/pv01/index.html

アニメ、ガルパン(ガールズ&パンツァー)が元ネタのウォーゲームなんですが、アニメの方がマジ気になります。この手のアニメにはまったく興味ないんですが、戦車のオペレーションを含めた描写がリアルであまりに楽しそうなので一度ちゃんと視てみたい!と思うわけなのです。
そういやそっち系の趣味の方が以前「西住殿はマジ名指揮官だぞ!」とかやたら力説するのを、意味不明でキモいなと思ってたんですが、ついに言ってることの意味が理解できてしまいました。恥ずかしい・・・

2018年4月19日 (木)

改めて「ハリコフ」

前回、ルール間違えたり、思いがけずサドンデスで終わってしまったり消化不良だったので、改めて「ハリコフ」をプレイ。
1回目。最終ターンを待たずに赤軍圧勝で投了。サイコロ運もありつつ第4ターン以降の独軍の援軍の戦線が薄く広がってしまったのが原因か。ターンを重ねるにつれ独軍は撃破されてしまう。戦力の分散、逐次投入はアカンと痛感。にしても、ヴォロシロフグラードとスリャビャンスクの両面から押し込まれたら独軍勝つの無理じゃねーの?と一瞬思いました。
日を改めて2回目。赤軍の作戦は前回と同じ、序盤からイケイケで攻撃。独軍は援軍の集中運用に留意しつつプレイ。
結果は、独軍58ー51赤軍。独軍の辛勝。赤軍突入9都市、うち占領5都市。第5ターン辺りで独軍圧勝かと思いきや・・・スリャビャンスク南方は、追い詰められた赤軍の必死の攻撃により、戦線が乱れる度に挟んでポンの壮絶な潰し合い。マジで包囲攻撃の威力はスゴい。
赤軍はほぼ壊滅、都市の占領もままならずという感じでしたが、独軍の機甲ユニットの壊滅(2VP)でVP稼いだこともあり、得点的には僅差でした。独軍もこんなに損害多くては勝ったと言えるのかどうか。
史実ではマンシュタイン率いる独軍の大勝利だったらしいですけど、独軍が勝つのは結構難しいゲームだと思われます。あと、戦況の判断の結果がすぐに出ず、後になって利いてくる印象もあります。楽しめてかつやったで~という充実感がありました。
「ドイツ戦車軍団」はまだ「コンパス作戦」がありますけど、西部戦線がやりたくなって来たので、次は先日購入したウォーゲームハンドブック2016の「バルジ」をプレイしたいと思います。

写真は2回目終了時点。上方には壊滅ユニットの山。
Dsc_0011


2018年4月14日 (土)

「ハリコフ」をプレイ

ドイツ戦車軍団のシナリオ、「ハリコフ」をプレイしてみました。
1回目。独軍の第3ターンの援軍を誤って第2ターンで投入。それでも赤軍がイケイケに見えたのでプレイ継続。結局独軍の反攻により第7ターンで赤軍の戦線は総崩れに。決まったなと思い投了し点数を数えるも、都市じゃない町を占領対象と勘違いしてたり、グダグダに。とはいえ、意外と負けた赤軍と勝った独軍のポイント差はあまりない印象。独軍の機械化ユニットの壊滅は2ポイントというのが効いてるのだろうか。そういえば、機械化ユニットの追撃+1ヘクスというのも忘れてた。
日を改めて2回目。南東ヴォロシロフグラード周辺、南中央スリャビャンスク周辺、北西ハリコフ周辺の三ヶ所に戦線が展開し、さあいい感じ、これから両軍激突か、と盛り上がってきた第4ターン。単騎で突出した赤軍の機甲師団に独軍歩兵1個師団が守るドニエプロペトロフスクを1対2で強引に攻撃させたところ、賽の目なんと6。独軍師団後退、追撃でドニエプロペトロフスクに突入・・・赤軍のサドンデス勝利であっけなく終わってしまいました。
なんか、ヘボ将棋?ワタクシがヘタクソってことですかね。でも、攻守が明確で戦線も単純だったエルアラメイン、ダンケルクに比べると、両軍に攻守あり、戦線も複数展開するハリコフは、ゲームレベルのアップを実感させてくれます。やり込めばきっと面白くなって来るのでしょう。
にしてもA2マップは机に広げるのに大きさもちょうどよく、ゲーム時間も2時間弱と、まとまった時間のとれないワタクシにはいい感じ。
昔みたいに「史上最大の作戦」(エポック社)とか、A1フルサイズマップで5、6時間もプレイするのは、やってみたいけど、ムリだろうなぁ。
写真は2回目。終了時点。

Dsc_0010


2018年4月12日 (木)

動作確認・100系G奇数編成

イチびって複線線路にしたところ、道床(コタツ机)はみ出し!
道床浮いたまま運転強行!(ありえん)
16両編成完成せず!(あと1両やったのに)
7号車(M車)異音感知!・・・ショック。
裏の鉄道模型屋で診てもらうとするか


Img_20180412_000006_215_3


Dsc_0009_2


2018年4月10日 (火)

「ダンケルク」をプレイ

ドイツ戦車軍団のシナリオ「ダンケルク」、一人プレイしてみました。
1回目。独軍はアミアンを目指して突進、連合軍を蹴散らした後北上して包囲、港へ追い詰めるという作戦も、のっけから独軍ターン攻撃時のサイコロの出目が1、2の連続。かなり出遅れてなんとか南端西端の連合軍補給路を遮断するも、最終ターンで連合軍がサイコロ6で独軍一個師団を壊滅させて補給路を確保し勝利。ここで独軍が踏ん張ってたら独軍の勝ちかと思いきや、得点34点で勝利条件に1点及ばないことも判明。
2回目。前回とうって変わってサイコロの出目に恵まれた独軍が序盤に連合軍を蹴散らしまくり、アミアンを目指すことなく一気に北上、包囲完成かという状況も、連合軍がアントワープを守り切ったり、その他の港にも独軍至らず。連合軍の壊滅ユニットの戦力数えたら39点、今度は独軍勝利かと思いきや、独軍に戦力3の壊滅ユニットがあり、ー6点で得点33点。またしても連合軍の僅差勝ち。
ひたすら攻める独軍、ひたすら守る連合軍とはっきりしていて、連合軍プレイヤーはストレスフルですが、勝利条件の設定がなかなか絶妙な塩梅です。

写真は1回目の終了時。

Dsc_00414


2018年4月 7日 (土)

オールドゲーム回帰

家でやれそうな趣味を物色しておりましたが(戦車のラジコンとか大門団長ゴッコとか) 、コレに落ち着きそうです。
シミュレーション・ゲーム(ボードゲーム)。小学生の終わり~中学生の頃にハマってました(友達いなかったんで、いつもソロプレイ)。写真はその一つで、1980年代のエポック社WWGシリーズ「ドイツ戦車軍団」の復刻版。

さっそくシナリオのひとつ「エルアラメイン」をプレイ、超入門用レベルで普通にやってりゃ史実通り英軍が守りきれるはずなんですが、独伊軍のボロ勝ち・・・。

しばらくの間、これでひとり、コソコソ、チマチマ遊びます。
Dsc_0002

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »