無料ブログはココログ

2020年10月26日 (月)

サクサクプレイ・クレルヴォ―(バトル・フォー・ジ・アルデンヌ)

3か月近くかかったサンヴィットを反省し、今回はサクサクプレイ。といっても1日30分ほどのプレイで、3日かかりました。

Img_0301
第4ターン終了時。独軍はオウル川を渡りつつあり。

Img_0302
第6ターン終了時。独軍はクレルヴォ―を突破し、一路バストーニュヘ。米軍は薄いながらも援軍にて迎え撃つ戦線構築。

Img_0303
第9ターン終了時。独軍、北方ではバストーニュへ猛ラッシュ。南方もほぼ確保。米軍は南方から10.11ターンの援軍で迎え撃とうというところ。

Img_0343
終了時。バストーニュはギリギリ落ちず。

勝利ポイントの計算をしてみる。
独軍 町10×1VP=10、都市2×2VP=4、米軍壊滅ユニット9×1VP=9 合計23VP
米軍 町3×1VP=3、都市0、バストーニュ確保8VP、独軍ユニット 歩兵4×1VP=4 15VP
23:15=1.53:1で独軍の作戦的勝利。
・・・と思いきや。
19.55項というやつがあって、盤上に残っている独軍機械化ユニットのうち、4個を超える分が米軍のVPに。なんと8VPも!
23:23で同点・・・引分け。
盤上に残さず突破しなければいけなかったのね・・・。バストーニュ、陥落無理なら見切りをつけなければいけなかったのかも。

勝利条件はちゃんと読みましょう・・・なんですが、ゲームしてみないとピンと来ないところもあったりして、読み飛ばしてしまいました。

サンヴィットの北方と比べて前面の米軍が弱小で、独軍がガンガン攻められそうな雰囲気に見えて、勝利はなかなか難しいと実感したゲームでした。

2020年10月10日 (土)

さらにサンヴィットプレイ

サンヴィットプレイ3回目

ずいぶんと時間をかけてしまいました。
8d056634670642eba39cffa8dfc11c3d
7月30日 第3ターン終了時。独軍、中央、南方面から押し上げ。
Cf2391de147d42ae9e124805ca64214d
9月18日 第7ターン終了時。中央はマルメディに攻勢。南方はサンヴィットを突破。
E298424e728f4f66be2791352a96764a
10月7日 第10ターン終了時。北はスパを伺う。中央はトロワポン、スタヴロー占領寸前。南方からの回り込みは米軍の戦線が構築され足止め。
3e9af6f4cf074877a84740ec1b79659f
10月9日 ゲーム終了時。2VP都市×5 モンシャウ・ヴェルヴィエ・スタヴロー・トロワポン・ラロッシュ 4VP スパ 1VP都市×7 合計21VP 独軍作戦的勝利

梅雨が明けてから部屋が暑くてプレイ出来ず。デスクの上にずっとマップが陣取っていました。

 

過去の記事の写真ファイルが飛んでしまってるなあ。しばらくかまってなくて気付かなかったけど…ブログサイトリニューアルされてからなにかと写真ファイルの扱いに難儀してる中で、何かやらかしたらしい。

2020年5月12日 (火)

サンヴィット ~バトル・フォー・ジ・アルデンヌ

入手後早やウンか月。サンヴィットを3週間近くかけてプレイ。

セットアップ

Dsc_0255

 

第4ターン終了時点


Img_20200512_210657

北翼は米軍に森&塹壕に籠られると独軍どうしようもない感じ。北端からモンシャウは確保。手薄な南翼を集中攻撃。

 

第7ターン終了時点
Dsc_0260

独軍南翼にようやく穴を開ける。

 

第10ターン終了時点
Img_20200512_210733

南翼から一気に突破したい独軍機甲ユニット、道路に沿って北上し、回り込むようにしてリエージュ、ヴェルヴィエを目指せるか。

 

最終第12ターン終了時点
Dsc_0268

【結果】
都市VP12ポイント(2VP都市4、1VP都市4)
突破機甲ユニット2ポイント
計14ポイント 独軍限定的勝利

 

第9ターン以降の補給切れをダイスの目で全て回避するなど、独軍が終始有利だった割にはポイントとれていない。

森又は都市に籠ると、補給切れてても守るだけならほぼ無敵。独軍は休みなく攻め立てないと勝てない。

2020年2月23日 (日)

Battle for the Ardennne

入手しました。メーカーのサイトで第2版制作中とあったので リクエストを出して待とうかと思っていましたが、通販サイトで中古品が出ていたのでそちらで。定価より高かったですが。

Dsc_0252

なんとなく戦術級だと思い込んでいたのですが、作戦級。バルジの戦いを3分割+1940年の西方電撃戦1ゲームの計4ゲーム。さらに4つのマップをマップを繋ぎ合わせてキャンペーンゲーム2ゲーム。

ルールブック閲読中ですが、そんなにすごく難しいわけではなさそう。

ぼちぼちプレイしてみたいと思います。

2020年2月 2日 (日)

赤い悪魔 アルンエム

「装甲擲弾兵/エポック」より。盤外砲撃も航空攻撃もなし、装甲ユニットも独軍のⅢ号Ⅲ突の3ユニットと偵察車両のみというシンプルと思えるシナリオ。

Dsc_0233

セットアップ・適当にばら蒔いてみる。英軍は対戦車砲を町の入口に配置して待ち伏せ。

1回目は独軍戦車3ユニットが対戦車砲にストップ射撃でボコスカにやられたのと、SSユニット、スタックで固めたところを間接砲撃でやられたのが響いて、早々に独軍勝利の見込みがなくなりました。

Dsc_0234

第4ターン終了時・このターン、イニシアチブが英軍に
独軍投了

2回目は、間接砲撃のターゲットを分散すべく独軍の歩兵ユニットを分散、かつ偵察に用いて対戦車砲と思われるユニットの視界を防ぐようにして、アルンエムの街に接近。
独軍はアルンエムの橋の近くまで英軍を追い詰めるも、市街地で消耗戦になり、最終ターンまでに突破できず。

にしても、間接砲撃は出足を止める効果大。

Dsc_0235

セットアップ。上下逆。

Dsc_0236

第4ターン終了時。混戦です。

Dsc_0237

最終第8ターン終了。英軍橋を死守。

結局独軍の方は勝てず、でした。

ホント、ひさびさにプレイしたなあ。

2020年1月16日 (木)

「装甲擲弾兵」・ルール参照改善

多忙につきゲームもブログもご無沙汰しておりました。

久々にやるかと思いつつ、フルマップ広げられるデスクのある書斎は暖房がないため、コタツ机に広げられるモノをということで、「装甲擲弾兵」(エポック)を引っ張り出してはみたものの・・・。
偵察の成否判定、回復フェイズ時、突撃時のモラルチェック、指揮官の負傷・戦死チェック、戦闘爆撃機の視認チェックとかダイスを振る各種チェック時の数字等を覚えきれず、いつもその都度ルールブックなどを探し見ながら行うのが手間だったことを思い出してしまって、プレイを躊躇。
そんならということで、ルールブック読みながら1枚の紙の表裏に書き出してみました。


Img_20200116_232031_20200116234901

Img_20200116_232009_20200116234901


・・・字、汚い。PCで作るかとも思いましたが、そこまではやる気がしない。

てか、移動隊形時に攻撃受けたり潰滅した時に脱出チェックがあるなんて初めて気がつきました。やっぱり一覧できるようにしておかないと覚えきれないです。

2019年8月15日 (木)

人生初メガネ

ついに老眼鏡のお世話に。悔しいけど、よく見える・・・(涙)

シミュレーションボードゲームのユニットやマップの文字、見づらくなって久しいですが、よく見えそう。

2019年8月12日 (月)

歴史群像のバルジ

もう一年も前の発売ですが、歴史群像付録の一人用バルジ。

ここのところゲームの時間が確保できず久々のプレイ。手軽に時間をかけずに出来そうなのと、未プレイということで選択。

終了時。

Dsc_0191

トロワボン→リエージュを経由してミューズ川北岸へ進出。バストーニュは攻撃せず増援ルートを封鎖。
南方はヌシャトーへ至るもミューズまで至らず。

結果13VP。戦術的勝利。
ハイテと150装甲使い忘れてました。

終了時・2回目

Dsc_0192

第3ターンで北方の第6装甲軍は損害が溜まり攻撃不能に。リエージュを攻撃できずミューズ北岸に至らず。
南方は第5装甲軍、第7軍共同で増援ルートを遮断しつつバストーニュを包囲攻撃、第4ターンに占領するも、進撃はミューズ手前・ロシュフォール、セルのエリアまでで終了。
結果13VP。1回目と同じでした。

作戦的勝利15VPはともかく、戦略的勝利20VPってムリやん、と思ってしまいました。もっと考えてプレイする必要があるのかな。

ざくっとしてますが、バルジの雰囲気は出ているし、短時間で手軽に楽しめて良かったです。

2019年7月29日 (月)

ドツボ

ここのところ中りません。弓の話です。ケガをしてしまった首位打者高橋周平の打率は上回ってますが、矢所が荒れています。

先日の稽古では、いい感じで引けて、よっしゃ~とばかり理想的なイメージで気持ちよく離れ、的心へ一直線に飛んでいくはずの矢が・・・なんと的の3時にカッチン。矢の勢いで、的が少しソッポ。

次の週の地元の射会では、これまたいい矢が出て的心を確実にとらえたと思ったところが、的の6時にカッチン。矢の勢いで少し的が浮き上がり。

う~ん、これはイカン。学生時代以来の経験則で、中ったという感覚にもかかわらず矢が抜けるのは、古い言葉でいうところのスランプ、ドツボにハマる兆候なのです。

こういう時は結果にとらわれず、正しいと信じるところを地道にやり続けるのが吉、なのですが、けっこうじたばたして、さらにドツボにハマりこんでしまうこともあるので気をつけねばなどということを考えつつ、あえて的の6時や3時9時を狙ってカッチンして、的枠を吹っ飛ばすというのもカッコいいんじゃ、などと妄想もしてしまうのでした。40㎏くらいの弓じゃないとムリか・・・

2019年6月 3日 (月)

約1年ぶりハリコフ

ドイツ戦車軍団ハリコフ攻防戦。約1年ぶりにソロプレイ。

ハリコフというゲームにも関わらず、ハリコフを捨てて南方、中央戦線に赤軍を集中してみる。前半終わって独軍はスリャビャンスク~スターリノのラインで赤軍の前進を食い止め後半の反撃に移れるため、勝利は確実かと思いきや、無造作にユニット動かしていたからか、このあたりで両軍潰し合って終わってみたら独軍の装甲ユニット壊滅2VPが利いて赤軍勝利。ありゃ~

◆再度。

今度は教科書どおり?赤軍は第1親衛軍、ポポフ戦車軍を南方へ、第6軍を中央へ、第40軍をハリコフ方面へ。
独軍は前回の反省ふまえ、3ユニットスタックの戦力集中に留意しつつ迎え撃ち。

第6ターン終了時。VPほぼ同点。余力の面では独軍有利か。

Dsc_0172

終了時。

独軍53VP―赤軍49VP。独軍僅差で勝利。

Dsc_0173

まだまだ自分のテクニックが拙いんだろうと思いますが、けっこうとらえどころがなくて、展開が多様で、ということは奥の深いゲームなんだろうな、なんてことを感じてます。また時間を置いてやってみたら、自分のテクニックの向上が感じられるだろうか・・・?

ともあれ、何度も楽しめそうです。

«アヴランシュへの道